スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付線が出たのなら(修正済)



とことんやるのが、ワタクシmyuuのやり方(待て)
もう、後悔しても知りませんよ……?(笑)




つーわけで、続きですよ。何気に長井さんとこの2回目とリンクしております。
こっちはこっちで、こんな事を考えていたわけなのですよ……w



いつものように会話口調じゃないのは、考えていたらどうしても
日記調や文調になってしまう。という理由からで……。
ある意味やりかたパk……失礼。拝借してしまいました。はい。
失敬。とにかくいつも通り、これは駄目だ。というのがあったら削除しますですよ。



では、どうぞ。




――探偵の彼が、事務所に戻ってきた頃。こんな事がありました。




「彼に、特別デリバリーでもしてきたら?」
そう言ったのが、事の発端だった。
慎の言う事は、いつも唐突。だから分からない。
そして、自分が楽しんでいるようにしか見えない。俺からは。
今回のデリバリーの事だって、彼女に何をさせたかったのかは最初は分からなかった。
それが、彼女が彼をどう思っているか。の確認のためだ。と気づいたのは
iceが、デリバリーから帰ってきたからの事だった。
結局、届けに行ったはいいが彼は仕事で出かけていていなかった。との事。
本当は少し待っていようかと思っていたのだが、急に緊急のデリバリーが入り
他の団員にお弁当を預けた後、店に帰ってきたのだった。
これは、シャオ姐さんから聞いた話なのだが……彼女はこんな事も言っていたらしい。



「お礼とか改めていいたかったのに、いなかったなら仕方ない……ですよね。
 本当は、お弁当だけじゃ物足りない。と思っていたのに……。」



そんな事を言うiceの顔は、何処かしら寂しそうだったんだとか。
いつものように笑顔は浮かんでいるけど、その笑顔に輝きは少なかったとも言っていた。
まぁ、第一印象が赤面しつつ格好いい。と言っていたからな。憧れもあったのだろう。
弁当を作っていた時も、何を言おうか考えていたらしいから。
それが、本当に憧れから出た赤面からかは俺は分からない。
恋愛は専門じゃないからな。そこらへんは他の奴らに任せると決めているし。



……俺の意見は、憧れではない。とは思う。
理由は省略だ。こんなこと考えるのなんて、俺らしくないからな。
とりあえず、変な事にならないように補佐はしよう。
それが、俺が出来る唯一の方法。だから。





――彼が、レストランに来た時、コックの彼はこんな事を思っていました。




なるほど、彼がそうなのか。
彼を始めてみたときの感想は、まさにそれだった。
確かに、僕に似たような背格好をしている。
ただ……オーラは少し、なんといったらいいのかは分からないけれども
これは、本人を考慮して言わないでおこう。失礼かもしれないから。
最初は顔なんて分からないから、どんな男なんだ。とは思っていたけど
容姿合格、性格は…律儀かな?いや……あれは違うな。
でも、個人的に好きな性格だから合格。僕は結構好きなタイプだ。
こんな事を思っているけど、実際はそっちの趣味なんてないんだからね?うん。




しかし、見ていて飽きない存在である。
こっそり見ていて、思わず笑みが漏れてしまう所がたくさんあるのだ。
これは…彼女が気になる存在になるのも、無理はない。
いちごが魔法で妹さんを助けてる所を見て、多分驚いたに違いない。
無理もない。「何事もなかった。」所を見て驚かないはずがないのだ。
勘は鋭い。でも、少し抜けているな。彼は。




……自分の心の色が、いちごによって少し読まれていた事に気づかないなんて。
そこは、まだ抜けている。




まぁ頼んだのは僕だけどさ、せめて色だけは確かめてみろ。とか言ったら
「真っ白だったよ。お金目的。とかは全然ないみたいだよ~。」
という報告が。まぁそりゃあそうだろうな。と言うか思ったら失礼だったかな。
「たまに、青い何かが見えたけどねぇ。あれって迷いの色だよぉ。
 特にiceちゃんと話してる時とか、嬉しそうだったけど本心の部分は
 やっぱり青かったし……。」
青。…迷いの色。一歩踏み出せない人に特に見えるという色。
もしかして、自分の方から誘いたいとか思ってるのかな?彼は。
……やれやれ、別に誘っちゃってもいいのに。
iceなら、喜んで絶対誘いに乗るに違いないのになぁ……情けない。
雰囲気とかでどう思っているのかは、何となく分かるけど
あと一歩。という所で出ないみたいだな。あれは。
淡い恋心、成熟するかどうかは君次第なのに。
このまま、iceが完全に気づかず終わるなんて……寂しすぎるだろう?
「あ、ちなみにツンちゃんもあんちゃんも白だったよ。
 ただ、あんちゃんはたまに青紫になってたけどねぇ。あれは心配からの色だよぉ?」
……いちご、余計な事は調べなくていいから。うん。
あとで怒られるの僕なんだけど……まぁいいや。




まぁ、楽しませてもらおうじゃないの。これから。
淡い恋心、応援させていただくよ……青色の探偵君?






――彼が店に来た日の夜、少女はこんな事を思っていました。



お店に来てくれて、嬉しかった。
彼はやっぱり格好よい人でした。初めて会った時も格好いいなぁ。とは思っていましたが。
あの時あえなかった分、嬉しさがよりいっそう高まってきて。
本当は、お店が忙しくなかったら…もっとおしゃべりしたかったかな。



彼には気づかれてないかもしれないかもですが
笑顔で話すのが精一杯だったんですよ……あうう。
店の裏に回った後、思わず幸せを噛み締めちゃったぐらいですし……。
「嬉しそうだね。そんなに会いたかったんだ?彼に。」
……と、慎さんいいわれた時には思わずぽかぽかたたいちゃいました。
だ、だって相手はあの探偵団のリーダーさんですよ?!
探偵の仕事も大変なのに、その時間の合間をぬってご飯食べに来てくれたんですから……。
嬉しくないはずなんて、あるはずないです。それなのに……慎さんの馬鹿。



そんな彼だから、あこがれる人も一杯いるのでしょう。
うらやましいな。最初はそう思っていたのに
最近は、ちょっと寂しいかな。と思い始めた自分がいて
もっとお話したい。お話してくれないかな。と……ちょっと欲張りな事も考えてみて。
……やめましょう。この気持ちがどんな物か分からないのに、こんな事を考えるなんて。
きっと、怒られちゃいますね。マスターウェイトレスになったんだから、しっかりしないと。



……もし、突然この気持ちが分かったら。
彼は、どんな反応をしちゃうんでしょうか。
彼に対しては……憧れ。のはずなのに。
最近は、なんだか違う……ような気がして仕方ないんです。
赤白合戦が決まった時だって、彼とだけは戦いたくないと思ったし……。
熱でもあるのかな?今日は早めに寝よう。
そうしたら、変な事も考えずにすみます……し。





……今度、確認してみようと思います。
彼を誘って……お話して、この気持ちをが何なのかに決着をつけます。
待ってるだけでは分からない。って姐さんも言っていたから。
そうしたら、満足した結果に導かれるはずですし。





――それが、どうなるかは分からないけれど……







――――――――――――――


orz
いや、えっと……向こうの片思い中心のはずだったのに何この文。
とりあえず埋まって、体育すわりして、堕ちて来ます(爆)


一応、順番としてはとーま→慎→iceの順。
本当はシャオ姉さんも書こうと思ったけど、グタグタになりそうなのでカット。
いちごはちまちま出演。そして何気に失礼な事やっているのは見過ごしてください。
最後の誘い文は、別に告白…と捉えてもいいんですが
お話して、赤面とかするかどうか~。とか言う意味です。一応……;;
まぁ、もうどっちでもいいですがね……ここまで書いてちょっと調子に乗りすぎてますし。




「じゃあ、お許しが出たし
 iceちゃんのさっきの気持ちを、ギリジン君にてんそぉ~う♪」




ああああ!!それはやっちゃあだめぇぇぇぇ!!!
ギリジン君にげてぇぇぇぇぇぇぇ!!!




……ほんますみませんでしたorz



与えてくれた伏線が、自分が打った分では
多分入ってる。と思っていないのは秘密(ぇ)
間違ってるかもですが……一応こんな形になったとだけはいっておきます。;;

コメント

な、なんですってー?!////

…こっ、これ…は…!!?
ああああのこれ急展開の予感がするんですが偉人様! …てかいいんですか貴女の大事なiceさんを!!
嬉しいやら驚きやらでうまく言葉がまとまりませんごめんなさい;
これだけは言えます。本当にありがとうございます!!!

続き…どうなるのでしょうか?(ぇ) 気持ちの転送って、どういう媒体というか方法で伝わるのかとても気になるところでもありますw
これは…今後の展開は、ちょっと話し合う必要があるのかもとか感じt(迷惑ですやめましょう)。

そして、慎くんにますます惚れました(爆破)
あまりにもツボすぎます。実を言うと自分のなかのハント像に結構近いものを感じていたり…(コラ)。

伏線は、myuuさんが伏線だと思ったところが伏線なのですよv 実際「おぉーここ生かしてもらえたよ~」というのと「ここでそうくるか!」とで楽しませてもらっている部分もあります。
前者に関してはどういう風に持ってってもらいたいとか全然決めてなかったですし(ぁ)。
それがリレー形式の面白いところのような気がします。

打ってる途中で

何度もやりすぎたか。と思ったのは内緒(待て)

いいのですよ、自分は。
嫁やギリジン君が幸せになれるならそれで幸せになれるんで(待て)
むしろ、こっちがいいのかと……。
いやはや、はちゃめちゃな文ですが
喜んでくれたなら幸いですよ^^

一応、気持ちの転送はいちごが勝手に
魔法を使って……とか考えているんですが
流石に世界観ぶっ壊すのもどうかと思い悩んでます(ぇ)
相談…そうですねぇ。せっかくだからしちゃいますk(やめなさい)

自分のなかのハント像に結構近いものを…>
まじですか?!
慎はある意味、世間のロン毛ファン敵に回しそうなんですが……最初はこんなのじゃなかったのに(笑)
ヤツは自分が楽しい事探してる&皆からかって遊んでると言うか…そんな人間です(笑)
いやはや…有難うございます。

そ、そうなのですか?!
それならよかったです……ほっとしました。
確かに、リレー形式ってどうなるか分からないから
面白いですもんねぇ…♪
ある意味、そこがやめられないというk(爆破)
Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。