スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪が治らんどす(ぇ)




それでも、日記は書くどすえ(ぇ)




何というか最近、天候の変化とかが激しいため
暑いと寒いの境界線がごっちゃになってると言うか……。
えぇい、何が言いたいかって言ったら
私は蒸し暑いのは嫌いなんじゃあ!!という事か(笑)
まったくもって意味不明です、はい!!





自分の誕生日に、もう一枚An×Anカード買おうか少し悩み中。
でも、これ以上増やしたらなぁ……と頭もかかえてます。
とりあえず、いちごを段にしてから考えようかと。
そんないちごは、1級でもうすぐ初段なのですよ。
毎度プレイするたびに、なんでこんな名前にしたんだ……と最近後悔しております。
いやぁ、恥ずかしいんですわ;;乙女な名前にしたせいで。
どうせなら男らしくつけた方がよかったか?!と。
まぁ、益荒男魔女っ子ツインテはイヤですがね……。
あ、でも男らしく敵をぼっこぼこにする姿とかいいかもしれない。
そこをソフモヒ辺りが止めてくれたら、尚更ぐっd(強制終了)





追記は、ある方へのお礼文だったりします。
(ある意味一方的か?と思いつつまたカキカキ。そろそろ自重しろ私/ぁ)
色々勝手に書いちゃった部分があるので、もし駄目な場合は
報告お願いいたします。即効削除いたしますので。







※とーまが眼鏡をかけているのは、趣雑が得意ジャンルの影響ゆえです。
  それを踏まえて、回覧お願いいたします。






―iceの働いてるカフェの近くにある、大型マンションの一室にて。





慎「みんな、ご飯できたよー。」

とーま「(解いていた問題集を閉じて)あぁ、ごくろうさ……。
     (テーブルに並べられた料理を見て、呆然としている)」





『見る限りで分かる、本日の晩御飯。』


タマネギの天麩羅、味噌汁、鰆の塩焼き、ほうれん草のおひたし、

そして、何故か……白ご飯のオニギリ。





とーま「……慎、これは。」

慎「何って、晩御飯だけど。」

とーま「そうじゃない……天麩羅とかは今は何もいわん。
     でも、何でオニギリなんだ?(ずれた眼鏡を直して)」

慎「いやぁ……昼ツン子ちゃんが塩にぎり食べてるの見てたら僕も食べたくなってさ。
  たまに、こういうのもいいでしょ?」

シャオニイ「別にかまわないけどね……あんたの料理にハズレはないし。」

とーま「ある意味喧嘩売ってるようにも見えるがな……。」

慎「そんなんじゃないって。中身いわく
   塩にぎりはかなりうまいんだぞ!!とのことらしいし……。
   (と言うか、中身は塩にぎりって珍しいのか?という疑問がよぎりました。
   普通に具ナシおにぎりも好きっ子なので……サーセン)」

とーま「あっそ。中身……何を言ってるんだが。」

ice「今日も美味しそうです~♪(嬉しそうに微笑みながら早速席につき)」

とーま「のんきだな……お前は。」

ice「美味しかったら、それでいいのですよ。
   ご飯は、美味しく食べるのが一番ですしね☆(にこっ)」

とーま「……ま、そうだな。(←こいつに問い詰めても仕方ない。と思ったらしい)」




慎「さて。本日の一言コーナー。
  どう思う?ツン子ちゃんの事。一言できっぱり言ってみて。」

ice「可愛い妹さんみたいな子です!!」

慎「妹さんみたいな子、ってあんちゃんの妹さんだけどね。iceらしい意見どーも。」

シャオニイ「思わずなでなでとぎゅってしたくなる、以上♪」

慎「貴方がいうと、犯罪くさいよ。姐さん。」

とーま「……なんで俺がタマネギなのか問い詰めたい。」

慎「(ビシッ)頭がタマネギなんだから仕方ないでしょ。」

とーま「タマネギ確定かよ……;;」

慎「そ、タマネギ。緑色だから尚更でしょ。」

とーま「タマネギは緑っつーより茶色だろ……。
     というか、俺のところにタマネギの天麩羅が多いのは嫌がらせですか、そうですか。」

慎「タマネギは、身体にいいんだぞ~?わがままいってないで、全部食べなさい?」

とーま「……(不満そうな顔をしつつ、タマネギ天麩羅をつまんでいる)」

ice「あの子を見てると、本当に妹さんが出来たみたいで嬉しいんですよね。
   可愛いし……いいなぁ。私もあんな風に可愛くなれたらなぁ。」

慎「そうだねぇ。でも天然は最大の武器っていうし?
   僕からしたらツン子ちゃんも、君も十分可愛いけどなぁ。」

ice「へ?私もですか?」

慎「うん。君もね(きっぱり)」

シャオニイ「あんたが言うと、完全に変態くさいわよ……慎。」

慎「はは、ほめ言葉として受け止めておくよ♪」


※慎は、女の子には優しいフェミニストです(ぇ)





ice「そういえば、店長病気なんですよね……大丈夫かな。」

とーま「(ピタッ/箸が止まる)……どこでそんな情報を?」

ice「いや、姉さんとツン子ちゃんが話してるのを聞いたので……。
   お店経営とか、大丈夫かなって思ったから……。」

シャオニイ「大丈夫よ。暫くは安静だけどお店の経営は私に任せてくれたら、ね?
       心配しなくても、ちゃんと黒字経営は守ってみせるわよ♪」

ice「でも、せめてお見舞いとかには行かないと。」

慎「大丈夫だって、そこらへんは僕が行っとくからさ☆
  君は君で、いつもどおり笑顔で働いてくれたらいいし?」

とーま「そう、だな……あまり気にしない方がいい。
     その方が、店長も救われるし……。」

ice「そ、そうですか?……なら、気にしない事にします。」




とーま「(……やっぱ、教えない方がいいか。)」

慎「(うん、僕が色々渇入れたせいか、旅行と言う名の逃亡をした。なんて
   絶対いえないね♪)」

シャオニイ「(当たり前よ。あの時のあんためちゃくちゃ怖かったもの……;;)」

慎「(女の子にセクハラが日常的な、あの店長が悪いんだよ。
   あのまま止めなかったら、iceが泣きをみるところだったんだよ?)」

シャオニイ「(でも、あれはねぇ……。)

慎「(姐さんだって、ノリノリだったくせに……。
   でも、そのおかげでiceも無事純粋のままだし。万事OKでしょ。)」

シャオニイ「(まぁね。)」




(後会話は、何かしら内容が色々と危険なので省略/待て)






慎「あと、いちごとあんちゃんの件だけど。」

シャオニイ「わかってるわよ。見守るんでしょ?」

ice「あれ?二人とも来てたんですか?ご挨拶し忘れちゃったなぁ……。」

とーま「いや、多分挨拶する前にどっか行くぞ。二人は。
     いちごもあんちゃんも、どっちもツン子を見守るために来てるようなもんだしな。」

シャオニイ「あれでしょ、いちごちゃんはツン子ちゃんが同じツインテだし
       何かしら親近感わくから、でしょう?」

慎「そう、と言うか僕が頼んだんだよね。万が一の時は守ってくれって。」

とーま「そうなのか?……報酬とかは?」

慎「特性ビッグシフォンケーキパフェ。」

とーま「うわ……(あまったるそうな物を想像して青ざめ)
     んで、あんちゃんは……言わずもがな。だよな。」

ice「たまに、差し入れとかしますか?いっそ。」

慎「いや、それだときっとバレるからやめた方がいいかと。 
   その時はその時で、またいちごに頼むよ。うん。」

シャオニイ「パフェが報酬代わり、と言うのが救いよね……ある意味。」

とーま「というか、本当に何者なんだ。あいつは。」

慎「魔女っ子(きっぱり)」

とーま「いや、それは分かりきってるから。」




ice「(今日は、不思議なお話がたくさん飛び交ってますねぇ……。
    あまり深く気にしたら意味ないから、あとで考えよっと。


    しかし、タマネギ天麩羅美味しいなぁ♪今度作ってみましょう。)」





……どこまでも呑気で天然。それがうちの嫁(ぇ)




――――――――――


脱兎します(ぇ)
と言うか、全員一緒に暮らしてんのかい。と言うツッコミはなしで(ぁ)
一応、店長は一生出ません。というか出す気ないです。
嫁にセクハラしたので、サブカ連中がそれに怒って渇をいれたからですよw


なんつーかもう、色々すみませんでした(土下座)


本気でツン子ちゃんにメロメロです、はい。
あんな可愛い日記書いて、萌えねぇはずがない!!と言ってみます。
あと、叱れるはずもない。と。あんちゃんにも申し訳ないですしね(ぁ)
こちらもこちらで、うちのメンツが迷惑かけるかもですが……;;
本当に、有難うございました!!

コメント

有難うございます~

|ω`*)「和食いいなあ…今晩は冷凍しておいた鮭焼くか…」
あんちゃんは晩ご飯の献立に思いを巡らせているようです。
|ω`)て「ハッ…(見つかった!)い、妹がいつもお世話になってます…。」

どうやら、あんちゃんも一緒に御礼を言いに来たようです。
ステキな返信有難うございました!
タマネギの天ぷら…!美味しいですよね…(そこか)
自分モスのオニポテ大好きです。
後、鰆の塩焼きも細かい…(自分の地元では有名な魚=鰆)
某所様で見かけたコックのソフモヒとたまねぎのツーショット以来、ソフモヒ=たまねぎの図式が頭から離れなかったものでw
アットホームでいいお家ですね…見てて羨ましい。眼鏡をずりあげるとーまさんに萌えました!
iceさんも慎さんもお姉さんも皆優しすぎる…あんちゃんは電柱の陰で喜びにむせび泣いております(笑)
おにぎりは、自分も塩おにぎり派ですw美味しいですよね、塩にぎり。
あんちゃんとツン子は、普段激安スーパーにしか行かないので、コンビニにある具入りおにぎりに疎いだけです…w。

myuuさんとお店の皆さん、ツン子がいつもお世話になり有難うございます。
いちごさんにも、よろしくお伝え下さいませ。
長々と失礼いたしました…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうもです~。

返信遅れてすみません;;
お、あんちゃんもご一緒ですか!!
こちらこそ、うちの子らがどうも……ツン子ちゃんは可愛い子ですな(笑)

自分もオニポテ大好きですよ~!!
鰆は…何となく自分が好きなんで打ったんですが
まさかそこに反応するとは思いませんでした(笑)
そうなのですか……!!びっくりしました。
あー、あの絵は自分も見ました。
自分はソフモヒ可愛いと思って見てましたからなぁ…ある意味新境地です。あれは。(爆)

眼鏡とーま、正直ソフモヒファンに怒られるんじゃないかと心配になりましたが
萌えていただいて……いやはや、嬉しいです♪
皆ツン子ちゃんがお気に入りなのですよ^^最も気に入ってるのは中身ですg(自重しろ)
おぉ、そうでしたか♪あれは美味しいですよね~。
あー、成る程。それでだったんですねぇ。
……今度、コンビニおにぎりの現物でもあげてみようかn(だから自重しろ)

いやぁ、本当にこちらこそ有難うございました。
あの文は本当に嬉しかったです^^
いちごにもこっそり伝えておきますです。
体調の事ですが、ご心配かけて本当にすみません;;
今は回復してますので、全然大丈夫ですので……。
すみませんでした;;


では、失礼いたします~。
長文失礼いたしました。
Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。