スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法被キャンペーンの裏話





えー、まず一言。



更新遅れてすみませんでした。



特に協力者のTEMO☆さんに関しては、ほんっとーに待たせて申し訳ない!
他にも色々更新しなきゃいけないのがあるんですが、まずはこちらから更新させていただきます。
法被キャンペーンにて、ちょっとこういうのしたいなぁ。と自分が提案した
エンタメHEROさんと、うちの子らの軽いネタ対談でございます。
法被キャンペーンって?と言う方は、前の記事をお読みください。


そして、今回の記事ですがバンドメンバーさんが結構悲惨な目にあってます。
それがイヤだ!と言う方は、ブラウザバック推奨です。
協力者のTEMO☆さんには、感謝しきれないほどです……!!
あ、ちなみに個人的にかなり変な工夫してます。問題があったらご報告を。




あと、拍手返信も……。




TEMOさん>

ほんっとーに法被キャンペーンの時は、お世話になりました!
お互い全員に着せる事が出来て、よかったです。
でも、気力でも愛さえあればなんとかなる…なんていい解釈してみたり(自重)
カップルとなると、ある意味トモヤ君逃げてー!!と言う感じになりそうな予感が←

あの発言に関しては、すみませんでしたw
あれは慎の戯言なので気にしないでくださいな。しかし……やはり右でしたk(ry)
冒険者たちに関しては、アニメも主題歌も気に入っていたのでかなりお気に入りだったり。
TEMOさんはアルフィー好きだと聞いていたので、今回のテーマソングにしました♪
そしてどうでもいい話ですが、自分はたかみーさん派だったりしまs(爆破)

また、、店内ダブルスいたしましょー!




以上です。
では、追記からどうぞ。




【1】勝手に決められた年下組。
(訳:大人って本当に勝手だよな。)

背景:うちのたまごと、向こうのユースケ君がペアの名前を決めようとした時。


たまご(以降た)「ユースケ君、どうする?」
ユースケ君(以降ユ)「う~ん、どうしましょう…やっぱりフレン……。」


慎「(ポチッ/カップル押す→決定)」
チャッパーさん(以降チャ)「おぉっ。い~なぁ、慎君やるじゃねぇか。」
慎「だって、こっちの方が面白いでしょ?(きっぱり)


ユ「あ~~~~!!!!
  か、カップルなんて僕達何か色々誤解されますよ!!」
た「ちょ、な、何やってんだあんたら!!
  か、カップルとか……!!ふざけてんのか!!」
チャ「ガハハ!!照れてんのか?」
た「ねーよ!!!
  つかチャパさん、見てたなら止めてくれよ……。」
チャ「いや~、すまんすまん。しかしカップルってのはなかなか面白いと思うぞ?」


9750818_1307391003_87large.jpg


ユースケ君とのペアがカップルになった理由は、こんな背景があったとか。
本人達は、かなーりノリノリでしたけどね。指輪交換とかあったらそりゃあね!
爆笑したのは言うまでもありませんw



【2】だきつき事件
(訳:えっちいのは以下略/←そんな要素はありません)


背景:iceとリョウマ君とのコンビでのプレイ中の事。


ice(以下i)「あ、勝ちましたよ。リョウマさん!!」
リョウマ君(以下リョ)「やったね!iceちゃん!(←手を上げる)」
i「いきますよ~……えいっ!!(抱きつく)


9750818_1307390991_190large.jpg


リョ「えっ、わわっ。…ふふっ、カメラはこっちかな?
   やったよ!!(決めポーズ)」


※ダブルスは男女で勝つと、もれなく抱きつきモーションがついてきます(笑)


(試合終了後)
i「ふぅ……何とか勝てました。しかし、リョウマさんって凄いですね。」
リョ「え、そうかな?iceちゃんも色々知ってて凄いよ。
   僕、あんなグル生用語知らなかったし。」
i「そうじゃなくて、抱きついた時に余裕があったじゃないですか。」
リョ「えっ、あぁ、アレ?そうだなぁ……。
   僕は、女の子にああやって抱きつかれるの慣れっこだからね、フッ……。」
i「へぇ、流石ですねぇ……。
  私は大好きな人に抱きつかれたら、余裕がなくなっちゃうから羨ましいです。
  今度、コツを教えてくれませんか?」
リョ「今度じゃなくて、今教えてあげるよ。
   えっと、まず僕が手を広げているから君はここに飛び込んで来て……。」


まことは、リョウマくんのあたまをめがけてフライパンをなげた!!

とーまは、おなじくあたまをめがけてしないをなげた!!


リョ「そうそう、こっち…(バコン!!)ぐわぁっ!!
   いたたた……。(蹲る)」


リョウマのひたいにヒット!こうかはばつぐんだ!!(笑)


慎「(iceの)旦那に言いつけるよ?(ニコニコ)
リョ「な、何も物投げなくてもいいじゃないか……。」
マサノリ君(以下栗)「リョウマ、お前が悪い。調子乗りすぎだ。」
とーま(以下と)「栗君。証拠写真は撮ってある。
         あとでメールで送っておくから、また俺らのいない所でやろうとしたら
         見せろ、二度目はないぞ?
栗「あ、あぁ……(こっ…怖いっっ!!俺はああいう大人にはならんぞ。)」



芸能人の顔に傷つけるなんてご法度なんですけどね←
お兄ちゃん達は我慢できなかったようです、結局はシスコンと言うオチにw
リョウマ君、何かしら悲惨な目にあわせてごめんなさい…w



【3】ヒゲ×ヒゲ
(訳:濃)

背景:ヒゲペアでプレイした時の事。


チャ「俺なんて、ぜーんぜん恥ずかしくねーもんな。(ポチッ/カップル選択)」
ぱぱさん(以下ぱ)「お、そうするか。まぁいいけどな。
          じゃ、チャパさん。よろしく。」
チャ「あぁ、よろしくな?」


トモヤ君(以下ト)「うわっ……キモイ……。」
慎「まーた率直的だね、トモヤ君。」
ト「だってよぉ……むさいし、濃いし、
  こいつらのカップル生活想像しただけでよぉ……。」
た「生活って、別にフツーにしてたら
  フツーのルームメイトとかでいけそうだけどな(あまり分かってない)」
チャ「カップルっつっても、ネタでやってるだけだ。
   おい、お前ら何かやましい事でも想像してたのか?(ニヤニヤ)」
と「……別に(あんま想像したくはないな。)」



ぱ「ははっ、そうマジメに考えるなって。あくまで、クイズの場なんだしよ。
  それに、トモヤ君だって下手したらカップルを選ばれていたかもしれないぜ?」
ト「えっ…俺が?俺とカップルになりたい男がいんのか?」
i「……ネタの意味で、さっき慎さんったら選ぼうとしてましたけどね(じぃーっ)」
チャ「ヒューヒュー!トモヤやるな!この色男め!!」
た「……オシアワセニー(棒読み)」
ト「ふ、ふ…ふざけんな!!
  お前らさっさと試合して来い!!

ぱ「はいはい、ごめんなー?
  さてと、次の対戦相手h」


二人「Σ(-Д-;)?!??!!!」


i「……調子に乗ってたら、バチが当たるって事ですね。」



ネタの起源:ヒゲ二人のマッチングがものっそい事になってたから←

いやはや、この二人の関しては協会員にドロー取るわ
大阪最強のツインテコンビと当たるわで、結構濃い試合になったもので
多分それは、彼らがこんな話をしていたからじゃないか…と言う中身のネタですw
ちなみに最強ツインテさんには、何とか勝てました。向こうの凡ミスのおかげですが……。


ちなみにぱぱさんは34歳、チャパ王さんは36歳です(待て)



【4】紅一点

背景:ユースケ君ペアと、チャパ王さんペアとの間のお話。


(クイズ休憩中、ゴハンの時間にて)


チャ「いや~、ハラ減ったな。メシにするか。
   ここのレストランに入るか?」
と「そうですね。この大人数ですし。
  ここら辺りが、ちょうどいいでしょう。」


(レストランに入る)


ユ「それにしても、端から見れば僕らは一体どういう団体でしょうね?
  女の子がiceさん1人だけで、あとはみんな男で…。」
i「え?普通に友達同士でゴハンを食べに来た団体さんでしょう?」
チャ「何か、乙女ゲームとかにありそうなシチュエーションじゃねぇか?
   ほ~れiceちゃん、よりどりみどり嬉しいだろう?
   さぁ、誰が好きな男を選べ!」
慎「その質問は愚問だよ思うよ?まず、僕らは選ばないと思うし。」
ユ「ぼ…僕も選ばれないと思いますよ~。」
た「リョウマさんもないかもな。
  ロン毛顔は、あの人オンリーかもだし。つか、自信ある人いんの?」
リョ「えっ、僕もないのか…今まで数々の女性を虜にして来たというのに…。」
栗「何言ってんだお前…。
  まぁ、たまご君の言うとおりかもしれないな。俺も自信ないし。」
ぱ「俺もオジサンだからなぁ。」
i「というか、選ばなきゃ駄目ですかね…?」
チャ「まぁまぁ。俺もiceちゃんが結婚してるのは知ってるし……
   まぁここはだな、旦那さんは別格としてだな。
   この中であえて選ぶとしたら誰だ?」



i「え、えっと……それなら、ユースケ君かな?」



ユ「えぇっ!!ぼっ僕なんですか!!
  う、嬉しいです!!でもどうして僕なんですか?」
i「えっと、だって弟みたいでちょっと可愛いかなって。
  リョウマさんはメール友達のイメージが強すぎるし、トモヤ君も恋人と言うより
  友達としてなら楽しいかな、って思ったんです。」
チャ「そうか、よかったじゃねぇか。ユースケ。
   よ~し、iceちゃんに選ばれた記念にお前、みんなにおごれーーー!!!」
た「(ジュースふいた)」
と「……理不尽な。」
ユ「な、な、なんでこうなるんですか…(泣)
  皆さん、助けてくださいよぉ……。」
ぱ「は、はぁ……ま、まぁ仕方ないな。
  (でも、もしそうだとしたらチャパさんが選んだらおごるんかね……。)」
た「と、トモヤさん達助けてやんねーの?」
リョ「だ……大丈夫だよ。ユースケ。
   チャッパーだって、本気で言ってるわけじゃないよ。」


i「……ねぇ、チャパさん。」
チャ「何だ?」
i「……私、豪快に奢ってくれる人の方が格好いいと思いますよ?
  そんな貴方なら、私は選んだのになぁ……(ニコッ)」
チャ「え……そ、そうか……///
   よぉし、みんな今日は俺のおごりだ!
   さぁ、好きなだけ食えっっ!!!

i「わーいっ、ありがとうございます!」


と「……救われたな。ユースケ君。」
ユ「は、はい。(でもiceさん、コワイですよぉ…。)」
と「安心しろ、あれはお前を助けるためにやってんだ。
  金はあとで払っておくから。」
栗「いや、あいつに払わせよう。」
と「…いいのか?」
栗「ああ。(お、俺も金払いたくねぇし…。)」
と「……あぁ、そう(正直俺も払いたくないし、いいか。)」



Q、何でiceはあんな事したの?
A、完全にユースケ君を助けるためです(きっぱり)

ちなみに、ユースケ君を選んだのは自分の趣味も混ざっていたり。
他の人を選ばなかった理由は、こんな感じになってます。


慎 → イジワルするから嫌だし身内。

とーま → 普段から意見あまり合わない(でも仲はいい)

たまご → 完全に弟と言うイメージが抜けない。

ぱぱさん → まず私を選ばない。

トモヤ君 → 上の文章そのまま。

リョウマ君 → メル友だし。ロン毛は彼のイメージが強いから却下。

栗君 → とーまさんより誠実そうだけど、私と波長合わないんじゃないかな?

チャッパーさん → 豪快なのもいいけど、もうちょっと落ち着いて欲しいかな。



……と言う、理由があるらしいです(笑)
変なところで乙女思考の娘、殴っていいのよ←
しかし、何かしら悲惨な目にしかあってないな……チャッパーさん。



いじょ、ネタはここまでとなります。
協力してくれたTEMOさん、バンドメンバーの皆様に多大に感謝!!
また後で、追記します~。
プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。