スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡難民のお話。




小説がシリアスすぎて、でら甘いの書きたい病が出てきてます。中身です。


(女性向ぼやきにつき、反転)
最近では、家族面子内で女性向書こうか悩み中。
何故だか、慎たまが個人的に頭から離れなくなってしまいどうしましょう。状態なので。
何かうpしたらすみません、はい。
(ここまで)


それはおいといて、まずは拍手返信からです。





タカヤマ様>

タカヤマ様、こんばんわ!
先日は本当に有難うございました、こちらこそ楽しい時間を有難うございましたー!

また、アンケート回答有難うございました。
アンケートの方は、まだ暫くおいておくつもりなのでいつ公開になるか分かりませんが
甘い物は、どえらく甘くなるので要注意の覚悟で(笑)
慎の場合は……より、謎が深まる危険性が。

水沢うどんに関しては、ほんっと素ボケでした。
タカヤマさんの地元ですって?!……申し訳ないボケをしました。

こちらも、これからも応援させていただきます。
8月1日のあれは、かなり萌えさせていだきました(ぁ)



(ここまで)


追記にて、Liveプレイ日記やら最近の近況やら






【1】Live稼動ですよ、皆さん。



ice「ついに、Live稼動ですね!」

とーま「中身め…稼動した途端俺らを呼び出しやがって。
    QMAに夢中になってたと思ったら、びっくりしたぜ。」

ice「いいじゃないですか、私達の出番がまた来たんですから。
    それに、今回はアイテムカスタマイズが更に自由になったんですよ!
    ああ、とうとう念願のあれが出来るんですね……!!」



9750818_424222326_135large.jpg

9750818_424219682_137large.jpg



クイズシステムも斬新になって、楽しさ満載要素大量になったAnAnLive。
Liveになって、自分が一番喜んだのがこれでした。
アイテム増量、組み合わせ自由。これを喜ばず何を喜ぶか!!
ずっと夢だった奥さん箒とウェイトレスの組み合わせが出来て、中身歓喜。
桃太郎で竹刀を持たせる事も出来て、とーまも更に強くは見えてきました。
いろんな意味で、ありがとう瀬賀。かなり嬉しかったよ!
色回収は大変だけど、カスタマイズの自由度アップは嬉しい限り。
また写真が増えそうです、自重しない自分に乾杯。



慎「しかし、アンサーチャンスに関しては苦労しっぱなしだけどね。
  ルビーの指輪とか、魅力的なものはたくさんあるけれど……。」

とーま「4連続賞金だった時は、ほんと泣きそうになったしな。」

慎「本当にね、家に帰ってきて思いっきり泣いてたじゃん。
  『もう、上位リーグで苦労して賞金はイヤだ…。』って。」

ice「ツン子ちゃんには、内緒しておかないといけませんね。」

とーま「……いや、もうバレてる。顔見たら泣いた。最近、俺あの子と会うと強がれない。」

慎「……(苦笑)」


とーま、Liveになってから賞金ばかりの連続で若干弱気になってます。
そりゃあ、4連続賞金とかなったら泣きたくもなるだろうよ!!←
中身、これだけプレイしてて泣きそうになったの初めてです。瀬賀よ、どうにかならんか!


ice「もう、『眼鏡が欲しい。』って言うからメインの座を交代してるんですから。
    そんなに弱気になってどうするんですか、しっかりしてください!」

とーま「……そうは言うが、ピンク色特番でフルボッコあったらお前もいえなくなる。
    早くSSリーグ解禁して欲しいよ。ほんっと怖いし勝てない。」

ice「それを言わないでくださいよ……特番3連続あった自分はどうなるんですか。」

慎「僕に関しては、初っ端特番当たってボロ負けだったけど。」

とーま「特番は、ハラハラするけど楽しいが……やはり怖いな。
    特にSPマッチだと尚更だ。勝たなければいけない。という気にもなるし。」

ice「特に、4回目は怖いですよね。解答権1人ですし。」



特番は、楽しいけど個人的には怖いです。いつ落ちるかハラハラしてますし。
今のところ、何度も4位になった。と言う事はないですが
恐怖と楽しさの境目です、これがクイズの新たな楽しみというものか。
ただ、連続して特番は勘弁。娘が3連続で特番になった時どうしろと。と突っ込みました。ほんと。

とーまに関しては、眼鏡欲しさに今現在iceとメインと交代しております。
なので、現在とーまは6段とiceとかなりの差が空いていたり…;
丸眼鏡はかろうじて手に入れましたが、一番欲しいボストン眼鏡が未だ引っかかりません。
何か法則あるのかな……アンサーチャンス。スカルリングとかいらないから
眼鏡ください。ルビーの指輪持ってるし、スカルリングは桃太郎と似合わないんだ……。
iceは、投げキッスとばきゅんのためにQP稼ぎ中。ただ、男の決まったな!が格好よくて
ネット交代しようか悩んだのは内緒……。だけど、娘愛が勝ってこの話は流れました。
瀬賀、今度はカード複数登録できるようになれるとか出来ないかな?かな?

ちなみに、iceが手に入れた初めてのアイテムはハートの手袋。
慎は黒車、とーまは確かマトリーショカだったはず。
これ、今まで苦労してパワーをためてきた人とかの苦労をぶっ飛ばしますよね…色々と。
まぁ、パンダのぬいぐるみ欲しかったからいいけどさ(笑)



【2】そういや、たまごはどうしました?


とーま「そういえば、今回一番はしゃぐであろう奴がいないな。」

慎「あぁ、たまごなら今撮影に行ってるよ。」

ice「撮影?たまご君、芸能の道に走ったんですか?」

慎「いや、何かの企画らしいよ。シャオのおねーさん提案の。芸能か分からないけど
  ネット配信のみでの番組で、特撮番組の主役に抜擢されたんだって。」

ice「成る程。でも、どんな番組なんでしょう。」

慎「何でも、指輪でヒーローに変身しつつロボットを召還して悪の組織と戦う
  仮○ライダーとレンジャー系混ぜたような番組なんだって。」

ice「変身……。」







慎「いや、そんなのじゃないから。色気とか女性向とかじゃないから。
  よくあるヒーロー物だから!ヒロインはいないけど(笑)」

とーま「……旦那が泣くぞ、ice。」


ice「思いついただけじゃないですかー(むすーっ)」


 
9750818_424221432_29large.jpg


~私立案鎖高校に通うたま少年は、普段はただの高校生。
 でも、正体は悪の爆破軍団『ラウンジ乙』と戦う正義の味方なのである!
 今日も、たま少年は『ラウンジ乙』の親玉『ドーナツウマイ』の野望を止めるために
 相棒『まにゃげ32号』と共に立ち向かっていく!!~


すみません、上は適当です(ぁ)
liveになって、この衣装にした途端アンサーチャンスでハートの指輪をゲットしたたまご。
ツイッターでぼやきつつ、思いついたのが上のような感じでした。
いや、最初は指輪で変身→ロボット召還。のみの妄想だったんですが
せっかくだから、我が子主演の番組撮影とかしてたら面白いよね!という事で。
芸能の道に入るかは分かりませんが、一応Liveの企画。と言う事で。
ちなみに、動画に関しては冗談ですので。番組にそう言う趣向はなしですよ←
ヒロインのいないヒーロー番組ですが、たまごにまだ色恋は早いって事で。

尚、この作品は小説で連載予定とかはありません。ご了承ください(爆)
ネーミングセンスの悪さは気にしたら終わりです。




これがきっかけで、全員指輪計画も実行中。
今の所、とーまとたまごが終わってるのであと3人なんですが
アンサーチャンス難民中ですので、暫くかかりそうです……(涙)



そんなこんなで、自分なりに新作も楽しんでます。な報告です。
そして、AnAnLiveでは暫くとーま中心で行く予定。
ボストン眼鏡が手に入れ次第、娘と交代する予定ですが
もしかしたら、セミプロ近くなったらそのままセミプロ目指すかもです。
今回の目標は、3人はセミプロ目指そうかと思ってます。
とーまとiceは確定で、あと1人はどうしようかな……どっちも初段だし←



次回はKnit記事か小説の予定です。




【3】おまけ:最近のとーま


慎「そういえば、気になる事があるんだけど。」

とーま「……何だ。」

慎「とーまさ。全国に出るとよくツインテちゃんにブラボーもらうよね。」

とーま「それがどうかしたのか。ただのブラボーだろ。」

慎「いや、とーまがプレイするとほぼ必ずツインテちゃんから
  ブラボー貰うからさ。心配になってさ。」

とーま「……何が言いたい、はっきり言え。」

慎「いや、浮気とか考えてないか心配(頭どつかれた)」

とーま「……生憎、俺はあの子一筋だ。他のツインテにブラボーもらっても
    ただのブラボーとしか見てない。変な気も起こす気はない。以上。」

慎「そ、それならいいけど……冗談なんだからそんなに強く叩かなくても。
  今の、滅茶苦茶痛かったんだけど……。」

とーま「フン。くだらない事を言うからだ。」

ice「(と言いつつ、たんこぶすら出来ない慎さんって……。)」




ice「そういえば、とーまさんは結婚願望とかないんですか?」

とーま「……わからん。ちょっといいな。とは思った事あるが。

慎「でも、医大って卒業まで6年ぐらいかからなかったっけ。
  あと、研修期間とかもあるし、正式な医者になれるには…(ひいふうみい)」

ice「確実に、三十路は越えちゃいますねー。若い結婚は出来ませんか。
    医者になっても、どの科に入るかによって安定した収入は難しいかもですけれど。」

とーま「お前が、結婚早いだけだと思うが。最近は晩婚化の時代だぞ。」

慎「まぁ、そうだけどさ。とーまの事だ、下手したら四十路までかかるかもね(笑)
  そうならないためにも……ね。」

とーま「……ヘタレ、克服しろと?」

ice「そうなりますね。ちょっとは頑張ってみたらどうですか?
    あまりゆっくりすぎると、私の事本当に好きなの?って思われますよ?
    (実話、うちの母にこう言うカップルどうだ。と言ったらこう帰って来ました)」

とーま「そう言うお前は、どうなんだ。旦那が積極的に迫ってきたら。」

ice「そ、そ れ は……(ぼっ!!/一気に真っ赤に)」

慎「とーま、iceは想像しすぎて進めないタイプだって事、忘れてない?」

とーま「……すまん、忘れてた。」



慎「というか、相手の事もあるからそう言う話はやめておこ。向こう様にも悪いし。」

ice「ですよねー。」

とーま「結局、そんなオチかよ……。」





すんません、医者ってどんな進み方したらなれるのかな。と言う事を調べてたら
こんな話が出てきたもんで……。あくまでネタですので本気で読まないように(笑)
ちなみに、ツインテブラボーに関しては実話です。でもとーまは浮気はご法度主義なんでご安心を←

コメント

Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。