スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手返信&今後の予定




まずは拍手返信から


(ここから)


てもちん様>

時報参加、ありがとうございました!
な、なんというリックを思わせるカスタマイズ……凄く逢いたかったです!
逢えず残念でしたが、アクアマリンのペンダントはきっちりもらいましたよ~。
娘が、喜んでおりました^^

あと、ここでこっそりと。
ブログの方読ませていただきました。驚いた部分もありましたが
自分は、影からこっそりと応援させていただきます!
読んでいると、その思いがひしひしと伝わってきたりもするのですが
羨ましくも思ったり……えっと、頑張ってください!
何だか、まとまりもないし上手い事もいえなくて申し訳ないです……。



(ここまで)





追記にて、今後の予定をば。


(中身は、夢の国へと出向くようです)


ice「こんばんわ。カキ氷にはカルピス。iceです♪」

とーま「今晩は。カキ氷は宇治金時派。とーまです。」

クール「こんばんは。カキ氷はレモン派。クールです。」




とーま「……また、お前との対談か。音ゲー話でもないのに。
    しかも今回はiceもいるんだな。」

ice「一応、主役ですからね。忘れられたら困りますよ。」

クール「はは、まぁいいじゃないか。
    花があった方が盛り上がる。ってよく言うしさ。」

とーま「……実際のリックでは、絶対出そうにない台詞が出てきたな。」

クール「いや、本で読んだの言ってみただけだけど。」

とーま「………;;」

ice「(2割増しクールと言うよりも、ちょっとお惚けな感じがするのは私だけですかね……。)」




クール「さて、早速本題に入るんだが。」

とーま「えっと、中身は明日…というかもう今日になるんだが3日間
    夢の国に出向いているため、ネットが出来ないそうだ。」

ice「携帯からは回覧が出来るんですが、返信などは出来ないそうですね。
    だから、返信などは遅くなりますのでご了承ください。との事です。」

クール「いつも、返信遅れてる癖に何言ってるんだか……;
    というか、帰ってきた翌日もヘロヘロになってて無理なんじゃないか?」

とーま「だな。その次の日は朝から用事があるらしいし。
    まぁ、回復はしてるだろうから出来たらやる。だとさ。」

ice「相変わらずですね……中身。」




とーま「あ、あと連載についてだが。」

ice「かなり進みが滞ってますが、ちょっとスパートかけるために
    一週間に1回更新を目指すようですよ。」

クール「まだ半分も言ってないからな、連載10回の予定も崩れたらしいし。」

ice「考えてたら、だんだん増えてきたみたいです。計画性ないですね。」

とーま「いつもの事だろ(きっぱり)まぁ、完結までには持っていくから
    そこらへんは安心してくれ。ちなみに全年齢指定だからご安心を、との事。」

クール「……つまり、またああいう描写が増えると?」

ice「そこまでキツくするつもりはないみたいですよ。 
    目標は、大丈夫だったらlive稼動日らしいです。」

とーま「ま、気まぐれに見てやってくれ。小説の質問などはブログ拍手で請け負うとの事だ。」

クール「サイト、ほとんど倉庫状態になっちゃったもんなぁ。」

ice「ブログ更新の方が、楽だと分かってしまったせいですね。」




ice「……で、あとは。」

とーま「ちょっと、協力してほしい事があるんだと。
    実は、中身のAnswer3周年を記念して俺らの中の1人の
   『1日の過ごし方小説』を書こうと思ってるらしい。」

クール「連載もまだ残ってるのに、また無謀な……。」

ice「公開はいつになるか分かりませんが、との事みたいです。
    えっと、内容によっては完全甘ったるくなるかギャグになるかのどっちかみたいです。」

とーま「つまり、ギャグとかの小説の練習か。」

クール「そうなるな。聞いてる限りだと。 
    でも、協力して欲しいといわれてもどうしたらいいんだ。」

ice「この記事の拍手欄か、もしくはコメントを管理人のみ見られるようにして
    数字を書いて欲しいみたいなんです。
    アンケートとも考えたけど、またサーバー借りるの面倒くさいって……。」

とーま「変なところでズボラだな。おい。
    ……まぁいい。とりあえず、数字に関してはこんな感じだ。」


1、iceの1日編(仕事ある日)
2、iceの1日編(仕事ない日)
3、とーまの1日編(仕込みある日)
4、たまごの1日編(仕事ある日)
5、慎の1日編(仕事ある日)
6、ぱぱさんの1日編(仕事ある日)


クール「この中の番号を2つ選び、そして出来たら理由も欲しい。との事だ。
    なかったら数字だけでいいらしいぞ。
    正直、これ完全に俺得な小説になりそうだがな。」

ice「それを覚悟で言ってるんですよ。中身は。
    あ、全部は勘弁してあげてくださいね。中身死んじゃいそうですから;」

とーま「とにかく甘いのが読みたいなら2.
    完全にギャグがいいなら4.がよい。と言っていたな。」

ice「むー、それ失礼じゃないですか?!」

クール「いや、事実だから仕方ないと思う…ぞ?(話は聞いているらしい)」

ice「甘いのは悪くないと思うのです!!」

とーま「……。(頭抱えた)」




とーま「……報告は以上か。」

クール「みたい、だな。まぁ、とにかく夢の国を満喫してきますって事で。」

ice「また、3日後にお会いいたしましょうね~♪(手を振る)」














クール「……あ、でもツイッターとかでは叫ぶらしいんで宜しく。」

とーま「こっちも気まぐれだがな。」

コメント

Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。