スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用カード紹介 とーま編

Answer×Answerで使用している2ndカード
『とーま』の紹介です。




追記からどうぞ。







9750818_424219682_137large.jpg


「俺は、あの子を守る騎士となろう。」



3rd『とーま』(別名:苦労人第一号/ぁ)


1ラストデータ

使用キャラ 緑髪×水色服ソフモヒ
得意ジャンル 自然科学
段位 九段


2ラストデータ

使用キャラ 闇青髪×薄茶目ソフモヒ
得意ジャンル その時によって変わります
衣装 色々変わりますが、基本桃太郎の場合が多い。
段位 プロアンサー


Live新データ

使用キャラ 薄緑髪×薄茶目ソフモヒ
得意ジャンル 語学超人のために、語学特化しています。
衣装 赤丸眼鏡×桃太郎×竹刀
段位 6段


所持称号

超人…漫画アニメゲーム
偉人…自然科学、グルメ・生活
名人…語学文学、歴史地理社会、エンターテイメント
師範…趣味雑学、スポーツ



(どうでもいい設定/8,4色々追加。)


・22歳。現在大学生。
・身長は180後半。見た目はそんなに目立たないが白衣脱いだら結構筋肉質だったり。
 (中身が筋肉ついたらどれだけ体重増えるか調べ中なので、体重掲載はまた後日)
 誕生日は9月15日の乙女座のA型らしい。ロマンチストなんだか現実主義なんだか。


・この世界に入るまでは普通に大学院を目指し、学生ライフを送っていたが
 ある日突然慎にスカウト(と言う名の連行)をされ、この世界に。
 最初の頃は、何処か孤立している部分があった。
 その為、最初はiceとも仲良くなかったが、今では信頼しあえる仲にはなった様子。
 慎に対しても、反発はしているが将来の相談をしたりと仲は一応(強調)いいらしい。


・保護者2号。主に教育担当で第2の兄的存在。医者願望。そして近眼。
・大学に通いつつ、カフェの厨房の手伝いやiceの勉強を教えている。
・実は力が二番強い(一番目は、ぱぱさん)。リポDなどの蓋は片手で開けられる。恐ろしい。
・慎と同じくらい、転職経験がある。
 (ヒーロー→エンターテイナー→コック→またエンターテイナー→博士→科学者)
 慎とは逆に理系が得意。ただし文学に関してはさっぱりらしい。
 だが、2になって何故か妙に語文が冴えて来た。やはり何処か可笑しい。
・Liveになってからは、本格的に語学を勉強し始めている。


・実質クールに見えるが、実際はそんな事はない。
・あまり目はよくない。かけなくてはいけないと言う程ではないが、学校等ではメガネ着用。
 コンタクトは怖い。意外と繊細な所がある。
・生真面目な性格ゆえに弄られやすい。慎の悪戯で一番被害を受けている。
 最近は胃薬買おうか悩み中。どうしましょう。
・女性に触れられるのが苦手。嫌いというわけではないが触れられない。
 家族面子は慣れたらしいが、他の女性に対しては触られるとガッチガチに。
 今は大分慣れた様子、それでもまだ緊張はするらしい。
・タマネギ、栗と色々弄られるせいで髪の毛の色も頻繁に変わる。
 最近、ブリーチのしすぎによる毛根の心配もしている。ギリギリ回避はしたが。
・実は妹と同じで、猫とか可愛い物がすきだったりする。
 ペットショップの前で、暫く動けなくなった経歴も(笑)


・面子内でハチヤ様宅の御兄妹を一番心配していたりする。
 そして妹のツン☆デレラちゃん、通称ツン子ちゃんを可愛いなぁ。と思っている。
 思いは伝えられた。(手紙で)
・一度ハグした経験もあるが、その日の夜に高熱を出した。それは未だ恥ずかしくて
 本人には言っていない。いえるはずがない。
・彼女の事を心から大事に思っているが、お兄さんとも仲良くなりたいのが本音。
 と言いつつ、お兄さんには相変わらず頭は上がらないのだが←
・心から大事にしたいあまり、関係が進むペースは亀並にゆっくり。ヘタレですから。


・Liveでは眼鏡習得のため、iceからメインを譲り受けた。
 眼鏡を習得したら、iceに交代するつもりらしい。
 だが、現在絶賛アンサーチャンス難民中。助けてください。
・Liveになってから、少しだけ多く笑えるようになりました



テーマソングは『疾風』(神威がくぽのボーカロイドソング)
       『夢』(鴉)


他様のキャラとの関係(ちょっと分かりやすくした版)


ツン☆デレラちゃん(ハチヤ様宅ツインテちゃん)

…可愛い娘さんであり、自分の大好きで大事な人。
  女性恐怖症も、この子のおかげで大分治ってきました。 
  彼女の前だけでは、皆に見せない笑顔を見せるんだとか。
  最近は、自分のヘタレっぷりにかなり悩んでいるそうです(笑)


りおん*君(ひろむ様宅ソフモヒ君)

…同じ苦労人ソフモヒ仲間(笑)
  ストレスで苦労している彼を、かなり心配している。
  いつか、一晩越すまでとは行かないが苦労話をお互いしたい。と考え中←






(ここから過去設定、見たい方のみどうぞ)


・小学生時代、とーまはそんなに力は強くなかった。
 動物が好きで、お菓子を作るのが好きなごく普通の少年だった。
・だがある日、とーまを気に入っていた女の子がとーまの趣味を知り
 「男の癖にそんなの可笑しい。」と言われ、ショックを受ける。
 (実質、それは好き故の意地悪だったのだが、当然本人は気づいていません。)
・自分の趣味を隠そう。と決意した数年後、その女の子に
 「付き合ってあげてもいいわよ。」と言われるが、あの時の事もあり「俺は好きじゃない。」と言って断る。
 その後、その女の子に「ブスって言われた。」等と根も葉もない噂を流され、女子との仲が悪くなる。
 自分が何を言っても結局信じてもらえず、それ以来とーまは女性不信となった。

・その頃から、剣道道場を開いていた祖父の元に通い剣道を始める。
 (ちなみに、その祖父も動物大好き人間。剣道が終わった後は動物の本を一緒に読んでいた)
 父母には反対されたが、その反対を押し切って体を鍛え始める。
・厳格な祖父の指導で、昔とは比べ物にならないほど身体は成長した。
 当然、女性不信は治っておらず中学、高校と女性に対して距離をとっていた。
 同級生も「昔と変わった。あんなに怖くなかった。」といっている。
・そして高校卒業間近、しぶしぶ参加したカラオケで自分を振っていた女子と再会。
 自分が女性不信になった理由を、あたしが被害者なのよ。と言い切るように話され、
 とどめには「まぁ格好いいし、あたしと付き合う事で許してあげてもいい。」という言葉を放たれる。
 ついにキレたとーまは、友人が冗談で持ってきたバリカンを手に取り、
 その場で髪の毛を刈ってソフトモヒカンに。
 「お前と付き合うぐらいなら、許してもらわない方がマシ。」と激怒し、その場を去る。
 それが、彼がソフトモヒカンになった理由でもある。現在は結構気に入っているので伸ばすつもりはない。
 (その後、こっそり見ていた友人により真相がバレたらしい。その後彼女がどうなったかは不明である。)
・大学に入ってから、「頭が面白いから。」という理由でちゅんと知り合う。
 事情を聞いて「それは相手が悪い。」と納得してくれた、初めての同世代の異性でもあった。
 そのすぐ後に、斑目とも知り合う。以来2人とは大の仲良しに。
 喧嘩もするが、自分を心から分かってくれる初めての友人。と本人は言っている。

・慎に誘われた当時は、iceとは挨拶するぐらいしか出来なかったが
 性格を知れば知るほど「あまり女に対して、壁を張るのもまずいか。」と思い始める。
・それ以来、女性に触れる事は出来ないが普通に話す事は出来るようになった。
 今では、彼女と言う存在もあり特定の人には触れる事は出来るらしい。
・今でも祖父とは大の仲良し。実家に帰る際は自分のオススメの可愛い動物の本を手に取り
 挨拶に行っている。たまに彼女を早く紹介して。と言われ困ってるんだとか。





コメント

Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。