スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存確認

と、言っても一ヶ月も経ってないのですがね。




生きてます。ふっつーに生きてます。
順調に生きてます。普通にマリルイRPGやりながら生きてます(待て)




セブンズドラゴンがやりたいのですが
母がなかなか終わらないので、きゅーりょー入ったら買おうか悩み中。
パーティーは決まっているのですけれどね、左に主張しているパーティーと
違うようになってしまいますが。



ルシェ侍♀:ルシェナイト♂:ルシェヒーラー♂:ルシェプリンセス♀



と、ルシェオンリーパーティーで挑もうかと(ぁ)
ルシェ民族が、魅力的すぎるのが悪いんだ!(待てコラ)
攻撃力が足りないのは……うん、プリンセスに鞭持たせて何とかするしかない。




続きからで、ほんっと適当なAnAn文。
久しぶりにリハビリに書いたから、何かおかしい所多数です。
眠い時に書くもんじゃないです、はい。





貴方に大して、こんな気持ちになるなんて思わなかったわ。






暖かい日差しが、私達を包み込む。


心地よい風、周りにはたくさんのひまわり。


目の前には、笑顔の貴方。


おいで、と私を呼ぶ声が。


その笑顔は、まるで子供みたい。


信じられる?この人、私よりずっと年上なの。


信じられる?そんな彼に私は惚れちゃったのよ?






信じられないけれど、若干照れながら手を取る私がいて。


子供みたい。なんて拗ねたように言ってみせたら


お花は嫌いなの?なんていうから


そうじゃないでしょ!と怒ってみせる。


違うわよ。ただ、貴方に花が似合うから。


そんな貴方に、嫉妬しただけなんだから。


別に、そんな貴方が素敵だなんて。思ってないんだから。






優しく抱き寄せられて、温かいね。の言葉の一つ。


そんな貴方に、暑苦しいわよ。と言ってみる。


拗ねたような顔をしてみせるけど、顔は真っ赤で。


言葉のひねくれなんて、彼には通じてないかもしれないけれど。


でも、彼は嫌だった?なんて寂しそうな表情。


別に嫌なんて、一言も言ってないじゃないの。


馬鹿にしてるのかしら、と心の中で疑ってみせたりして


嫌、なんて言ってないでしょ!と怒ってみせた。





嫌じゃないなら。と。


彼は、抱き寄せたまま額にキスをする。


本当に可愛いなぁ。なんてぼやきながら更に抱き寄せて。


幸せそうに微笑む彼が、そこにいて。


私の心臓が、ドキドキしているの気づいてないのかしら。


私が恥ずかしくて、でも嬉しくてたまらないのに気づいてないのかしら。


もどかしくて、むずがゆくて、でも幸せで。


このままで、いれたらいいな。なんて思ったりする自分がいて。









どうかこのまま、抱きしめていて欲しい。それだけ。と。











目が、覚めた。
薄暗い部屋の中、何でかは分からないけれど。
幸せな夢を見ていたのに、現実に戻された。
アラームもなってないのに、何で目が覚めちゃうんだろう。
不意に目覚めた自分に、怒りがこみ上げてくる。
嗚呼もう、凄くいい夢を見ていたのに。
せめて朝が来るまで、まだ見ていたかったのに。
目覚めるなんて、何か私悪い事でもしたか。と
何度も何度も、心の中で問い詰めた。




そっと、私のすぐ隣を見てみる。
少し長めの睫、結構整った顔立ち。
であった頃は、サングラスかけてたから気づかなかったけど、結構綺麗な顔をしている。
小さな寝息をたてて、眠る彼の姿。
目覚めた私に全く気づかず、静かに眠っている。
私が目覚めたんだから、貴方も目覚めてくれてもいいのに。と。
彼は見ていないけど、むぅと頬を膨らませた。




彼の青色のパジャマを軽く掴んでみる。
そして、そのままぺちり。と頬をたたいてみた。
起きないのは、分かっているけれど。ほんの軽い程度だから。
だったら、そのままこうしても問題なんてないわよね。と。
眠る彼の身体に、抱きついてみた。
そしてそのまま、背中に顔をうずめてみたりなんかして。
絶対、彼が起きているうちはやらないこんな事。
いつもは、別にと色々言い訳しちゃってるから。
私がこんな事するなんて、絶対知らないだろうから。





でもね、それだけ幸せな夢だったのよ。
貴方に惚れるなんて、思わなかったんだから。
であった頃は、ただの同僚で終わるんだろうな。って。
広報部の、ただの相棒で終わるんだろうな。って。
ただの、仕事上でのパートナーで終わるんだろうな。って。
それだけの関係だと、思っていたから。
ここまで、好きになるなんて、思いもしなかったんだから。





だいすきよ。と。背中に顔をうずめたまま
今は夢の中で、聞こえないだろうと思われる貴方に言葉を捧げる。
朝起きたら、おはよう。と声をかけて
頭を、撫でてくれるだけでも幸せを感じられる。
そんな幸せをくれる貴方に、こっそりと捧げてみるわ。
貴方は、今は夢の中だから気づかないだろうから。
気づかない方が、いいんだけどね。恥ずかしいから。
まだ明けぬ夜、彼の背中に顔をうずめたまま…私はそう思っていた。









……貴方に大して、こんな気持ちになるなんて



本当に、本当に思いもしなかったわ。



そして、そんな貴方を好きになるなんて。



本当に、本当に思いもしなかったわよ。








……責任とってよね、せっかくだから。










「(……ほんっと可愛いなぁ。
  でも、このままの態勢でまた寝られるとちょっときつ……い。)」
数分後、実は起きていた彼が
抱きついたまま寝てしまった彼女に大して、色々と葛藤していたのは秘密のお話。







―――――――――――――――



何こいつら(ぁ)



ほんっと何というか、
リハビリのつもりで書いたんですが、可笑しいところ大量です。
一応、公式のあの二人…というかトマメイのつもりで書いたんですが
時期的には、あれです。休暇とって島根に行ってる辺りか(ラウンジ第6回参照)
それとも、遅めの夏休み旅行の時辺りか(ラウンジ第4回参照)
想像的には、どちらでもどうぞ。自分としては前者ですが。



トーマスが何を葛藤してるかは、ご想像にお任せします。
あれですよ、好きな女の子に抱きつかれたまま寝られたらそりゃあ男としては
色々耐えなきゃいけない部分g(以下、アンサー協会によって消されました)



以前のラクガキ絵が、メイのツンデレ要素が全くなかったんで
今回つけたら何かが違うという罠に。
うん、でも自分の中ではトーマスは隠れムッツリ要素あるなぁ。と
ただの自分の妄想です。ほんと有難うございました(笑)




何というか、いつか全力でトマメイトークをしたいものです
……といっても、公式で結構決まっちゃってる部分があるからなぁ。あの二人。

コメント

YOUトークしちゃいなy(爆破)

わあああツンデレメイなトマメイじゃないですかー! ありがとうございます!!(コラ)
あの2人、最初はメイトマかと思ってたのですがあっという間に親密な仲に…。

旅行は夢(という名の妄想)が広がりますよねw
2人きりで何をしてたのかと小一時間問いつm(以下自重)

許可いただいたのでちょっとだけ(ぇ)

メイは公式でツンデレなのにー!と前回の絵を見て叫びたかったので
今回で発散させました、その結果がこれです(笑)
ですねー、公式はどうなるか分かったもんじゃありませんねw本当に。

旅行は妄想しやすいもののひとつです。
何してたって言われると…そりゃあ
見るのも恥ずかしいぐらいイチャイチャしt(爆破)
Secre

プロフィール

myuu-0240

Author:myuu-0240
AnAnやQMA等、アーケードゲームに侵食されている

中身の日記です。

基本、色々だべっててまとまりはない←





ピクシブ
ここから


メール等はこちらからお願いします



myuu1268@yahoo.co.jp



カードデータ等はデータ参照で

An×Anのカードデータは>ここ

(2,20更新)





雑食が酷くなってる今日このごろ。どうしよう(ぁ)




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。